エステサロン開業に必要な資金はいくら?

エステサロン開業に必要な資金はいくら?

エステサロン開業に必要な資金はいくら?

エステサロンを開業するためには、物件を借りたり、設備を揃えたりする必要があります。自宅の一部で始める場合は、物件を借りる必要はありませんが、それでも様々な器具を揃えなければなりません。

物件を借りる場合、都内ならば250万円ほどかかります。内、60万円ほどが、設備を揃えるための資金となります。エステサロンを開業したときは、それを運転していく資金も必要となります。人を雇うのか雇わないのかによっても異なりますが、雇う場合は、130万円ほどの資金が必要となります。人件費は、人数×20万円ほどが相場となっています。また、消耗品の補充も必要となってきます。

エステサロンを開業するためには、およそ400万円が必要となります。女性・若者・シニア起業家資金という制度を利用して借りるのがおすすめです。条件を満たすことによって、起業するための資金を借入することが出来ます。

新たに事業を始める場合、銀行からお金を借りることは難しいです。銀行は、過去の実績をもとに貸すかどうかを決めているため、実績がない場合は、中々借りることが出来ません。そのため、先述したような制度を利用することが有効です。しっかりとお金のことについて考え、エステサロンを始めるようにしましょう。

 

POINT エステ開業には400万円ほどの開業資金が必要となります。

関連記事

  1. エステサロン開業に必要な資格や手続きとは?

  2. エステサロン経営に必要な技術や知識を身につけるには

  3. エステサロンやリラクゼーションサロンの効果的な集客方法

  4. 差別化できるメニュー構成や価格設定を考えよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

エステ経営コンテンツ一覧